オンラインショップにてコーヒー豆販売中☕

【業務用】コーヒー焙煎機「aillio Bullet Roaster R1V2」レビュー

レビュー

熱源は電気なのでガスがいらず、最大1kg、最小100gと汎用性にも優れる業務用焙煎機「Bullet R1V2」を導入したので、レビューも兼ねて解説します。

aillio Bullet Roaster R1V2

出典:aillio代理店R&D ESPRESSOLAB様

◆497,000円(税込)+送料3,000円(一律)

※売り切れとなっている場合もCONTACTより問い合わせると販売していただける場合があります!

仕様

  • 熱源:IH
  • 焙煎温度:最大245℃
  • ドラム:5.9ℓ鉄製
  • 焙煎容量:最小100g~最大1000g
  • 月間焙煎量:100㎏未満
  • 電圧:単相200V(50/60HZ)
  • 消費電力1550W

使用するコンセントは200Vなので、そこは注意が必要。工事(費用約6000円~)が必要な場合がありますが、アパートでも普通に許可はもらえると思いますし、ガスを引くより安価で簡単。

大きさ・重さ

出典:aillio公式取扱説明書

他ではあり得ないコンパクトさ。

  • 幅31㎝/奥行59㎝(クーリングトレイ込みで75㎝)/高さ42㎝で、フジの1キロ(奥行91㎝)と比較してもかなりコンパクト。
  • 重さ18kgでフジの1キロ69kgと比較すると約4分の1と超軽量で、一人でも容易に移動できる。

コントロールパネル

出典:aillio公式取扱説明書

操作がしやすくシンプルなコントロールパネル。

豆の温度・・・現在の豆温度を表示

ドラム温度・・・現在のドラム内温度(IBTS)を表示(RoRの表示に切り替え可能)

焙煎時間・・・現在の焙煎時間を表示(予熱の時間も計測して、焙煎開始から切り替わってカウントしてくれる)

火力パワー表示・・・現在設定されている火力(0〜9の10段階)を表示

ファンパワー表示・・・現在設定されているファンパワー(0〜9の10段階)を表示(切り替えてドラムの回転速度1〜9の9段階)を表示

レンジの広い火力
@fixerhpa様のtweetより引用。

調整できる火力0〜9の10段階は9を100%とすると、以下のような数値となり、最低出力を1の20%として、ほぼ10%ずつ段階的上がっています。ガス式のようなピンポイント調節は不向きですが、感覚として捉えやすいかも。

焙煎管理ソフト(RoasTime)

R1専用の焙煎管理ソフト「RoasTime」

  1. ドラム内温度(IBTS)を線グラフで表示
  2. 豆温度を線グラフで表示
  3. RoR(1分あたりの上昇温度)線グラフで表示
  4. それぞれのバロメーターが占める割合を表示
  5. 現在の状態(時間、RoR、豆温度、ドラム内温度)を表示
  6. 焙煎終了時の状態(時間、RoR、豆温度、ドラム内温度)を表示
  7. 生豆時の重量と焙煎終了時の重量と、その差を表示
専用プラットフォームRoastWorld

aillioユーザー同士で「RoasTime」のプロファイルを共有したり、公式からのお知らせを受け取ったり、R1についての質問やコメントを投稿できる専用のサイト(現在のところ全て英語…。)

設置に必要な設備

出典:aillio公式取扱説明書

aillioを設置するのに、必要な設備は200Vコンセントと、排気設備。

200Vのコンセント・・・賃貸でも管理会社なら確認すれば設置可能。
基本は、120V(エアコン用等)コンセントとの付け替えになり、価格は6,000円〜。※賃貸は退去時に元のコンセントに戻す必要があるので注意。

排気設備・・・キッチンのレンジフード下で焙煎するか、換気扇までダクトを伸ばせる状態なら問題ない。
設置場所付近にそれらが無い場合は、別に用意する必要がある。

変圧器を使って使用する事はできるようですが、代理店様に確認したところ、あまりおすすめはしないとの事でしたので、コンセント取り替え工事をするのが無難かも。

まとめ

⭕️良いところ

  • ボタン操作は慣れればシンプルで簡単。
  • RoasTimeが使いやすくパソコンからでも操作できるのが便利。
  • 複数攪拌羽とファンによる対流熱効果から、焼き色が鮮やかで、焦げにくい印象。
  • 中の豆を確認する窓が大きくてとても見やすい。

△イマイチなところ

  • 初めのセッティングが少し面倒。(しっかり説明書を読めば問題ない)
  • 深煎りにした時の煙は予想以上。(排気対策は必須)

以上、「aillio Bullet Roaster R1V2」を紹介させて頂きました。

※なんと、焙煎後の豆を撮影し忘れたので、後日追記します。(テスト焙煎でパワーは6で固定で深煎りまで焙煎しましたが、驚くほどキレイな焼き上がりでした。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました