オンラインショップにてコーヒー豆販売中☕

【高コスパ】小型焙煎機「Kaleido Sniper M1 Standard」を解説

焙煎
アドセンス広告

付属のデバイス「Kaleido System」でデータログをモニタリングして保存できる、限りなく業務用焙煎機に近い低価格の本格焙煎機について

  • Kaleido社とは
  • Sniper M1 Standardについて
  • Sniper M1おすすめのポイント

実際にSniper M1を所有する「日替わりcafé&Barモンデンキント」様に情報提供を頂き解説していきます。

Kaleido社とは

出典:https://ja.kaleido-roaster.com

✔︎中国の「Kaleido社」より家庭用焙煎機として開発されたのが「Sniper M1」

2008年に中国の武漢に設立された、中国の小型焙煎機最大シェアをほこる「Kaleido社」が開発した「Sniperシリーズ」のエントリーモデルにあたるのが「Sniper M1 Standard」

高コスパ小型焙煎機「Sniper M1 Standard」

出典:Amazon | Kaleido Sniper

208,000円(Amazon)
※価格は時期により変動します。

別バージョンのdual systemモデルは焙煎データログソフト「Artisan」と接続ができる機能を備えていますが、特に必要ないと思うので、廉価な通常モデルがおすすめ。

仕様

画像の一部を本製品説明書より引用

✔︎本格仕様をギュッと凝縮

  • 熱源:電気(カーボンファイバー赤外線ヒーター)
  • 火力コントロール:付属のデバイス「Kaleido System」で20段階調節
  • ドラム:パンチングのステンレス製
  • 焙煎容量:最小50g~最大200g
  • 電圧:単相110V

ドラムにはパンチング(穴あけ加工)が施されており、ヒーターからの熱を直接利用する直火式の焙煎機となります。

出典:https://ja.kaleido-roaster.com

大きさ・重さ

出典:https://ja.kaleido-roaster.com

✔︎炊飯器と同程度の大きさで極めてコンパクト

  • 幅18㎝/奥行30㎝/高さ27㎝と極めてコンパクト(サンドボックスとほぼ同等)
  • 重さ・本体:約9kgと、アイリオの約半分の軽量設計

実際にSniper M1とaillioを所有している「日替わりcafé&Barモンデンキント」様よりご提供して頂いたサイズ比較画像がこちら☟

計器その他

出典:https://ja.kaleido-roaster.com

✔︎「火力」「排気」は20段階「ドラムの回転速度」は9段階で調節が可能

  • 操作はすべてタッチパネル
  • オーバレイ(過去のプロファイルのグラフを投影して、比較しながらのデータログ?)機能あり

PC等は必要なく、同梱されている端末(Kaleido System)だけでデータログを表示?してプロファイリングができるのはかなり優秀。

始めの一台にはSniper M1が良いかも

出典:https://ja.kaleido-roaster.com

✔再現性が良く、必要な機能はすべて揃っていて低価格。

  • カルディーの「フォーティス」や「ワイド400」は?
    価格帯の近い、韓国の「KALDI社」の2機種と比較しても、熱源のコントロール性や、別途排気システムの購入が必要ない事等を考えるとSniper M1がややおすすめかも。
  • 赤外線ヒーターによる「直火式」なのが唯一の憂い?
    熱源は赤外線ヒーターからの熱を穴の開いたドラムを介して直接熱する「直火式」を採用しているので、ムラや焦げには少し注意が必要かもしれません。

色々と言いましたが、コストパフォーマンスが非常に高い、十分な性能を備えた焙煎機だという事です。

まとめ

以上、小型焙煎機「Kaleido Sniper M1 Standard」を解説

小型焙煎機「Kaleido Sniper M1 Standard」を解説

✔Kaleido社とは

中国の武漢に設立された、中国の小型焙煎機最大シェアをほこる会社で、家庭用焙煎機として「Sniper M1」を開発

✔高コスパ小型焙煎機「Sniper M1 Standard」

付属のデバイス「Kaleido System」でデータログの確認や各パラメータの調整も可能。サイズは炊飯器並みで超コンパクト

✔Sniper M1の計器

「火力」「排気」は20段階「ドラムの回転速度」は9段階で調節が可能

✔始めの一台にはSniper M1が良いかも

再現性が良く、必要な機能はすべて揃っていて低価格

以上、今回実際にSniper M1を所有する「日替わりcafé&Barモンデンキント」様に情報提供を頂き、解説させていただきました。本格的な焙煎を始めるにあたり、必要な機能はすべて揃っていてこれだけ低価格な「Sniper M1」は新たな選択肢になりえる素晴らしい機種でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました